ルール

ハンドボール競技とは

【ハンドボール競技とは】

 ハンドボールは名前の通り、手を使ってボールを投げたり、シュートをします。激しい攻撃・守備

 でコートを走り、シュート時はジャンプして空中でボールを投げます。このように、ハンドボールは

『走る・投げる・跳ぶ』の3要素が揃ったスポーツで、スピード・迫力ある攻防や華麗なシュートが

 魅力です。

 

【見どころ】

・ボールの大きさは、バスケットボールやバレーボールに比べて小さく、片手で持てる大きさです。

 従って、ボールを持ちながらも素早い動き、早いパス回しが可能なため、試合全体にスピード感が

 出ます。シュート時のボールのスピードは、速い場合、男子選手でおよそ時速100kmにもなります。

・試合中、ジャンプシュート、ステップシュート、倒れこみながらのシュート、空中でパスを受け取り

 そのままシュート(スカイプレー)など、テクニックある、あっと驚くシュートが満載です。

 どんなシュートが飛び出すか、どの選手がどんなシュートを得意とするのか見てみましょう。

ハンド画像